まとめ

このように電子顕微鏡で細胞を観察するには、
電子顕微鏡の操作よりも試料作製のほうが難しいといえるかもしれません。

ここでご紹介した電子顕微鏡試料作製法は、
細胞内部を観察する最も一般的な方法です。

劇物や毒物も使用しますので薬品の知識も必要になります。

この技法のほかに、細胞内の特定のタンパク質を見つける方法や、
細胞を瞬間的に凍らせて観察する方法など様々なものがあります。

私達は日々、新しい試料作製法を研究しています。