切片作製の準備

硬化させた樹脂から厚さ0.1μm以下の切片を作製します。

ウルトラミクロトームという機械に専用のダイヤモンドナイフをセットし切片を作製します。
電子顕微鏡の試料作製の中でもっとも難しく細心の注意が必要なところです
硬化したブロックは中に埋まっているサンプルと共に均一に硬くなります。

このようにペンチでつかんでも大丈夫なほど硬くなりますが適度な柔軟性があります。
カッターやカミソリの刃を使って形を整えます。
切片の大きさは一辺1mm以内にします。


顕微鏡を覗きながら慎重に作業します。
ダイヤモンドナイフをセットする前に
ガラスのナイフで切片面を整えます。
このガラスナイフはガラスの棒を割ったときにできる
鋭利な部分を使用しています。