電子顕微鏡原理のまとめ

このように電子顕微鏡は電子を光源として利用することにより複雑で大がかりな装置になりました。

それにより得られた驚異的な性能は医学や生物学を初め、多くの研究分野で活躍し発展させてきました。

しかしながら電子顕微鏡試料作製の難しさや、高額なメンテナンス費用などから、それに携わる人口は減りつつあります。
「電子顕微鏡で観察する」・・・ 物の形を目で見て捉えるということ、それは最も人間の感性に訴える手法であり、
生化学や遺伝学的研究手法が主流になった今も変わる事の無い事実です。

現在、研究職に就いている方やこれからそれを目指す若手の方々には
是非ともこのサイトをきっかけに電子顕微鏡の世界に興味をもってもらえれば幸いです。