光源を発生させて収束させる照射系、試料からの透過像を拡大したり、フォーカスを合わせたりする
結像系などのレンズの組み合わせは 基本的に電子顕微鏡と光学顕微鏡は同じです。



最大の相違点は電子線はガラスレンズを透過できないので、
電子顕微鏡では磁界を利用した電子レンズを使用していることです
。これは電子線と同じく人の目では見えません。

図のように金属の筒の中に電気が流れるコイルが入っている構造で、
ここに電流を流すことで磁界を発生させてレンズを形成させています。
加速された電子がこの磁界を通過すると、
磁場の影響で方向が変わるのでガラス凸レンズと同じように電子線を収束させたり拡大したりできます。

このレンズのもう一つの利点は、ガラスレンズのような固体とは異なり
電流の強弱によって好きなようにレンズの形を変えられることです。